どういった人間に対して書かれているか

このブログは断言口調であえて書かれているが、それがどんな人間に対して書かれているかが欠落していた。

例えばだが、原因不明の高熱が出てどんな医者にかかっても治らなかったとする、しかもそれが1年続き、高額な医療費を請求され、家族にも見捨てられ、しまいにはフラフラになって階段から落ちて、骨折してしまい入院するハメになった人がいたとする。

その人は普通の生活を送りたいと誰よりも願っていたが、その高熱も3年続き、結局難病指定され障害者と認定されることになったとする。

そういった人が渋々受けた生活保護に納得できるとは思えないだろうと思い、生活保護は堂々と受ければいいと書いた。

他の例を出そう、10年間親に暴力をふるわれ、挙句のはてに捨てられホームレスになった子供。

あるいわ、3人の子供がいたが、旦那が薬物中毒になり、殺されそうになり、逃げることになったが、逃げる先の親戚が誰も助けてくれなった、母子家庭の奥さん。

あるいわ、ひどい交通事故にあい、内臓と骨がやられ、機械まみれの状態で障害者となり、それでもなお一人で生きていかなければない人。

誰でも堂々と生活保護を受ければいいと書いたわけではない。

恐らく完全に社会をなめ切った人間も受け入れられる考えなのかもしれないが、今並べたような苦境にある一人で生きていかなければならない人にも人権を与える内容になっている。

それが反対の意見を呼ぶ要因なのかもしれない。